伏見桃山で本格インドネシア料理を満喫!

February 3.2016

こんにちは!
龍谷大学まちや七彩コミュニティの福田です。

2016-01-27 001 003.JPG

今回お邪魔させていただいたのは、桃山駅から徒歩五分ほど、大手筋商店街のすぐそばにあるインドネシア料理屋『RUMAH CAFE』さん。
オーナーのDEDYさんはインドネシアの方だそうで、日本の忍者や侍といった文化に惹かれ、三年前に日本のここ伏見区にやってきて奥さんやお友達と一緒にこのカフェを作られたのだとか。

2016-01-27 001 002.JPG

店内は海岸のそばの家をイメージした南国風のつくりですが、この建物、もともとは普通の町屋。それをDEDYさんたちが業者を介さずに自力で改装したのだそう! 
DEDYさんも奥さんも、町屋の木造づくりに惹かれるとのことで、おしゃれな内観ですが太い柱や土壁はそのままです。

2016-01-27 001 004.JPG

居心地がよくアットホームな雰囲気の店内。お二人は音楽が大好きで、お客さんと自然にセッションが始まることも。
取材中も、ギターを見つけた我々がDEDYさんに無理をいって、奥さんに取材する間のBGMとしてなら、ということでたっぷり弾いていただきました。
そして音楽に癒されて取材が覚束なくなり...ってそれは元からでした。すみません。

2016-01-27 001 007.JPG

RUMAH CAFEは、月に数回ライブハウスとしても使われています。
その際に来店したお客さん同士で仲良くなったり、中にはカップル誕生なんてこともあるそうです!
ライブ情報はこちらから。
⇒https://www.facebook.com/rumah.kyoto/?fref=ts

さて、お料理です!!
こだわりは、15~20種類のスパイスを使用していることだそう。
インドネシア料理は初の我々ですので、ワクワクして頼みました。

2016-01-27 001 005.JPG

↑奥さんのおすすめであるインドネシアのスタンダードな焼き飯・ナシゴレンと、おせんべいのクルプック。
ナシゴレンは日本のチャーハンとは全然違って、深みのある味。本場の味にとっても近いのだそう!

2016-01-27 001 006.JPG

↑インドネシアチキンラーメンと、私の一押し! ソフトシェルシュリンプバター。
ラーメンはすごくあっさりしています。エビは丸ごと食べれてバターが香ばしくすっごく美味です。ほんとにおすすめです。
実は、これらの料理に使われている野菜は全て、全て奥さんのお母さんが無農薬で作っておられる自然食材なんです。

2016-01-22 003 004.JPG

↑マルタバックというパンケーキ。甘いナッツがたくさんはさまれています。甘党にはたまらないおいしさです。

2016-01-22 003 002.JPG

↑自家製アイス、チョコフリーオ。生チョコのムースといった感じです。すっごく濃厚です。


年齢、性別、国籍関係なく様々な人が訪れるRUMAH CAFEのコンセプトは、『共に』。
人と人との繋がりが大きな力を生むということから来たことばです。
お二人は、伏見区のおまつりのお手伝いなどにも参加しておられます。この『共に』という言葉は、お二人の信念でもあるのですね。

美味しいお料理をいただいて、ご夫婦の素敵なお人柄にふれて、おなかも心も満腹です。

ありがとうございました! ごちそうさまです!


店舗情報
RUMAH CAFE(ルマカフェ)
京都伏見区瀬戸物町738
075-634-9056
毎日12:00~25:00(不定休)

記者 福田有梨(龍谷大学二回)
取材協力 入口晴圭(龍谷大学三回)
藤田知奈美(龍谷大学三回)
小川未桜(龍谷大学二回)
小野唯奈(龍谷大学一回)
津田翔太(龍谷大学一回)