伏見桃山で本格インドネシア料理を満喫!

February 3.2016

こんにちは!
龍谷大学まちや七彩コミュニティの福田です。

2016-01-27 001 003.JPG

今回お邪魔させていただいたのは、桃山駅から徒歩五分ほど、大手筋商店街のすぐそばにあるインドネシア料理屋『RUMAH CAFE』さん。
オーナーのDEDYさんはインドネシアの方だそうで、日本の忍者や侍といった文化に惹かれ、三年前に日本のここ伏見区にやってきて奥さんやお友達と一緒にこのカフェを作られたのだとか。

2016-01-27 001 002.JPG

店内は海岸のそばの家をイメージした南国風のつくりですが、この建物、もともとは普通の町屋。それをDEDYさんたちが業者を介さずに自力で改装したのだそう! 
DEDYさんも奥さんも、町屋の木造づくりに惹かれるとのことで、おしゃれな内観ですが太い柱や土壁はそのままです。

2016-01-27 001 004.JPG

居心地がよくアットホームな雰囲気の店内。お二人は音楽が大好きで、お客さんと自然にセッションが始まることも。
取材中も、ギターを見つけた我々がDEDYさんに無理をいって、奥さんに取材する間のBGMとしてなら、ということでたっぷり弾いていただきました。
そして音楽に癒されて取材が覚束なくなり...ってそれは元からでした。すみません。

2016-01-27 001 007.JPG

RUMAH CAFEは、月に数回ライブハウスとしても使われています。
その際に来店したお客さん同士で仲良くなったり、中にはカップル誕生なんてこともあるそうです!
ライブ情報はこちらから。
⇒https://www.facebook.com/rumah.kyoto/?fref=ts

さて、お料理です!!
こだわりは、15~20種類のスパイスを使用していることだそう。
インドネシア料理は初の我々ですので、ワクワクして頼みました。

2016-01-27 001 005.JPG

↑奥さんのおすすめであるインドネシアのスタンダードな焼き飯・ナシゴレンと、おせんべいのクルプック。
ナシゴレンは日本のチャーハンとは全然違って、深みのある味。本場の味にとっても近いのだそう!

2016-01-27 001 006.JPG

↑インドネシアチキンラーメンと、私の一押し! ソフトシェルシュリンプバター。
ラーメンはすごくあっさりしています。エビは丸ごと食べれてバターが香ばしくすっごく美味です。ほんとにおすすめです。
実は、これらの料理に使われている野菜は全て、全て奥さんのお母さんが無農薬で作っておられる自然食材なんです。

2016-01-22 003 004.JPG

↑マルタバックというパンケーキ。甘いナッツがたくさんはさまれています。甘党にはたまらないおいしさです。

2016-01-22 003 002.JPG

↑自家製アイス、チョコフリーオ。生チョコのムースといった感じです。すっごく濃厚です。


年齢、性別、国籍関係なく様々な人が訪れるRUMAH CAFEのコンセプトは、『共に』。
人と人との繋がりが大きな力を生むということから来たことばです。
お二人は、伏見区のおまつりのお手伝いなどにも参加しておられます。この『共に』という言葉は、お二人の信念でもあるのですね。

美味しいお料理をいただいて、ご夫婦の素敵なお人柄にふれて、おなかも心も満腹です。

ありがとうございました! ごちそうさまです!


店舗情報
RUMAH CAFE(ルマカフェ)
京都伏見区瀬戸物町738
075-634-9056
毎日12:00~25:00(不定休)

記者 福田有梨(龍谷大学二回)
取材協力 入口晴圭(龍谷大学三回)
藤田知奈美(龍谷大学三回)
小川未桜(龍谷大学二回)
小野唯奈(龍谷大学一回)
津田翔太(龍谷大学一回)

春の味覚は伏見の筍

July 11.2015

前回はお酒の体験レポでした。今回は筍の体験レポです!

そのふたつに何かつながりが? あるんです! どちらも伏見の名産品。

水が綺麗だから、酒も筍も昔から親しまれているんですね。

伏見の筍は、一般に『京たけのこ』として分類され、約300年の歴史を持ちます。収穫時期は3月下旬から5月上旬であり、えぐ味がなく肉厚で軟らかとのことですが、実際のところどうなのでしょう!?

と、いうことで、地元農家の小西吉治様にご協力いただき、筍を取らせていただきました。

2015-04-30 001 017.JPG

 

小西さんが簡単そうに掘るのを見て、我々もやってみるのですが、まず筍を掘る道具である「ホリ」がとても重い。持ち上げるだけでも一苦労です。筍の根がはってありそうな場所を断ち切るように掘るのですが、この見極めもなかなか難しい。しかも腰にクる。春あんなに群生するにも関わらず筍堀りがイチゴ狩りみたいな行楽行事にならない理由がなんとなくわかりました。

そうやって苦労して掘った筍(ほとんど小西さん)の皮を取り、水から茹でて、沸騰した状態で30分ほど煮ます。

 2015-04-30 001 066.JPG

 

そして、茹であがったら水を張ったバケツに入れて保存です。

あとは美味しい料理にするだけ! ...と、その前に。

2015-04-30 001 071.JPG

じゃーん!

こちらは銀紙にくるんで、炭火焼にしておいた筍です!美味しい...まるでスイートコーンのような味。疲れた体にじわーっとうま味が行きわたります。

頑張って筍をとった都会っ子への努力賞といったところでしょうか。私は早々に足腰がガクガクになっていてあまり役には立てませんでしたが...。

 

小西さんに大量に譲っていただいた筍は、筍ごはん・筍味噌汁・筍炒めと大活躍。

シンプルなメニューですが、筍が超良いものなので、すごく美味しい料理ができました。

筍の概念を覆す勢いの甘み、ジューシーさ...最高でした。御馳走様です!

2015-05-10 002 008.JPG

 

今回のテーマは、『五感を使って、楽しみながら地元を知る』でした。十分に達成できたと自負しております。皆さんにも、少しでもこの春のうきうき感が伝わればなーと、思います♪

 

取材日:2015年5月2日

筆者:福田有梨(龍谷大学法学部二回生)

取材協力:小西吉治

酒井遥(龍谷大学政策学部三回生)

岡田達也(龍谷大学法学部二回生)

田村勇人(龍谷大学法学部二回生)

船越大貴(龍谷大学法学部二回生)

美味しい出会い☆

December 18.2014

今回私たちは、伏水きたせ昆布老舗さんの「月イチ」にお邪魔してきました!

この「月イチ」二年ほど前から始まった立ち飲みパーティーで、地域の方々の交流の場になっているものなんです!

image▲お店の看板

毎回違うお店とコラボでイベントを開いているそうなのですが、今回は、天然酵母のパン屋「IL cielo (イルチエロ)」さんがいらっしゃっていました!お向かいの酒屋の荒玉酒店さんは、今回は搾りたての日本酒と赤ワインを持って来られました。

そして、なんといっても昆布屋さんですから、お出汁の利いたお料理が並んでいます~!好きな料理を選ぶことができます。

image▲手作りのおばんざい!

image

image▲伏見の日本酒

そもそも、どうしてこのようなパーティーが始まったのでしょうか。店長の北澤雅彦さんにお話を伺いました。

「1つ目は、出汁教室の延長やね」...そうなんです、北澤さんは色んな所へ赴いて、出汁の取り方や昆布の魅力についてレクチャーしておられるんです。昆布は日本文化、そして日本人としての自分のルーツである、と私たちにも語ってくださいました。

「2つ目は、昆布料理を食べてもらいたいから。だから、よそのお店にも"テーマは昆布"と言ってあるんです。あとは、被災された福島の方へ昆布を送ったお返しにお酒を頂いて、友達と店で飲んでいて楽しかったのがきっかけかな」

 やっていて良かったなあと思うことは何ですか?

「色んな所から中書島に来てくれる人が多くなって、さらに伏見に興味を持ってもらえること」なるほど、北澤さんは本当にこの地域のコミュニティーを大事にしていらっしゃるんですね。

 image▲インタビューの様子

さて、私たちもお料理を頂きながら...モグモグ。お客さんにもたくさんお話を聞いてきましたよ~!皆さん共通して、お料理を楽しみに来られているみたいです。本当に美味しかったです!

image▲楽しく談笑するお客様!

初回から来られている方は、この店のご夫婦の人柄に惹かれて毎回来られているそうです。「北澤さんは街興しをされているんだけど、自分ではなかなかそんなことできないでしょう?だから、来て参加することで、応援してるの」

 京都造形大の学生さんともお話しました。北澤さんと違う活動で知り合って、この会を知ったそうです。北澤さんがきっかけで、また色んな人と出会うことができているなんて、素敵ですね。

こんなふうに、人との出会いを楽しんでおられる方が結構多くて、「多文化交流みたい」「色んな活動の情報が知れる」など沢山のお話を聞くことができました。

 他には、「伏見って、来るたびに好きになる街だよね」と言ってくださった方や、「伏見は、何百年と続く歴史を感じられて面白い街だ」と語ってくださった方も。皆さん、伏見が好きなんですね!!嬉しいです! 

image▲みんなとパシャ! 

私たちは初参加ではありましたが、ものすごく居心地のよく、アットホームな雰囲気なので、取材しながらもお料理や会話を楽しむことができました。

こういう地域の交流の場ってすごく大事だと改めて思いましたし、私たち学生もより一層頑張らねば!と決意した夜でした。

 取材先:伏水きたせ昆布老舗 中書島店 (okobu.com)

住所 京都市伏見区南新地4の2

電話番号 075-601-1965

営業時間 10:00~18:00  .

定休日 火曜日

取材日:2014年11月29日

 筆者:

image

小川未桜(龍谷大学法学部1回生)

おばあさんになったら小説を書きたいです。

それまでに色んな人と出会いたいです。

  取材協力者:入口晴圭(龍谷大学政策学部2回生)

       藤田知奈美(龍谷大学政策学部2回生)

       福田有梨(龍谷大学法学部1回生)