春の空気を味わう・3月イベントカレンダー

March 6.2015

▲深草町家キャンパスの中庭に咲いた梅の花

今年は雪も多く寒い日が続きますが、
3月になり春が近づいている気がします!
ぽかぽかしてくると、外に出て散歩をするのがより楽しみになりますね!
伏見の花を見ながら、伏見の酒を飲んで、春の訪れを感じましょう
ヽ(´▽`)/!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~22日(日) しだれ桜と椿まつり

 場所: 城南宮
 最寄駅:地下鉄・近鉄「竹田駅」
 情報:http://www.jonangu.com/index.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日(日) 酒蔵開き 伏見銘酒協同組合

 場所:京都市伏見区丹後町148-1
最寄駅: 近鉄京都線「桃山御陵前駅」
情報: http://r.gnavi.co.jp/k006500/chefevent/3/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12日(木) 第3回 街コミウォーク
藤森歴史散策

場所: 深草遺跡~深草十二亭陵~旧陸軍病院
最寄駅:京阪本線「深草駅」
情報:参加費無料・要予約
申し込み・お問い合わせ:070 6547 0241(ばんば)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
18日(水) 元政上人忌と法華懺法会

場所: 瑞光寺
最寄駅:JR奈良線「稲荷駅」、京阪本線「深草駅」
情報: http://kanko.city.kyoto.lg.jp/eventdetail.php?event_tab=tradition&eventid=140318100&year=2014&month=3&date=

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
21日(土・祝) 第9回 伏見の清酒 新酒蔵出し
日本酒まつり

場所: 御香宮神社・伏見夢百衆
最寄駅:近鉄京都線「桃山御陵前駅」
情報:http://kyoto-fushimi-kanko.jp/pdf/20150130.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
21日(土・祝) ~「地下鉄駅発!京都エリアウォーク 京都あるく」~
第1弾「くいな橋から歩く」

集合場所:竹田公園
最寄駅:地下鉄烏丸線「くいな橋駅」
情報:http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000177579.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
29日(日) 「桃山プロジェクト」 冬季・植樹活動

 場所:MOMO Terrace(小栗栖街道側入り口付近)
 最寄駅:京阪本線「中書島駅」
 情報:参加費無料・申し込み不要
問い合わせ: 777 7713(藤崎・長谷川)                  momopro243@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月下旬 霊宝館 春期特別展

 場所:醍醐寺
 最寄駅:地下鉄東西線「醍醐駅」
 情報:https://www.daigoji.or.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月下旬  御香宮神社 おそらく椿

場所:御香宮神社
最寄駅:近鉄京都線「桃山御陵前駅」
情報:http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=4&ManageCode=2000032

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*学生の興味で掲載しております。

深草発!羽ばたけ全国!!吉兆くん

February 28.2015

みなさんこんにちは!「1月は行く、2月は逃げる」という言葉の通り、年明けからあっという間に時間が過ぎ去り2月もいよいよ最終盤にさしかかってきました。こうしてきっと春もあっという間にやってくるのでしょうね。

 さて今回は龍谷大学深草キャンパスや京都教育大学もある伏見区深草地域のゆるキャラ「深草うずらの吉兆くん」への独占インタビューの模様をお伝えします。

 >>最近ゆるキャラが全国的にブームだけどゆるキャラの生の声ってあまり聞いたことないよなあ...
そんな素朴な疑問を抱いた僕たち龍谷大学学生特派員一同がやってきたのは京都市伏見区役所深草支所

image

▲取材を前にしてわくわくが止まらない様子の学生特派員

 今日は地域のPRのため日々がんばり続ける吉兆くんの思いや活動に対する本音を聞きだしていこうと思います。 
まずは、本人へのインタビューを前に、吉兆くんが誕生したころのことをよく知る深草支所地域力推進室まちづくり推進担当の田中課長と荻田さんにお話を伺います。

 「なぜうずらをモチーフとしたキャラクターが生まれたのでしょうか」

-深草地域は古くからうずらの里として和歌にも詠まれるほど有名だったんです。

深草の魅力をうずらのキャラクターを通して発信していきたいという思いから吉兆くんは生まれました。


「吉兆くんという名前には何か由来があるのでしょうか」

-うずらの鳴き声が「ごきっちょう!」という縁起のいい響きをしているのでそれにあやかり名づけられました。
深草地域に「吉」をもたらすようになってほしいという思いが込められています。
「登場してからの市民の皆さんの反応はいかがでしょうか」
-まだ登場して2年しかたっていないので知る機会が少ないのかもしれませんが、かわいらしい姿や動きが子どもたちに大人気で大変いい印象を持ってもらっています。

確かに一昨年の夏、龍谷大学深草町家キャンパスで私たちが主催したイベントにも吉兆くんが遊びに来てくれたことがあるのですが、子どもたちからの人気が凄まじく、一生懸命踊っている姿や元気いっぱいに遊んでいる様子が本当に印象的でした。

image

▲一昨年のイベントの様子 子供たちからも思わず笑みがこぼれます

 さてここからはいよいよ吉兆くん本人に生の声を伺います!! 

なお吉兆くんは人間の言葉が話せないので荻田さんには引き続き吉兆くんの通訳を担当していただきます。

image

▲筆者の質問を通訳してくださった荻田さんとぱたぱたしながら答える吉兆くん

それでは吉兆くんよろしくおねがいします。いやー かわいいストールですね!-えへへ、プレゼントしてもらったんだー
今日はよろしくお願いしますっ!

「吉兆くんのアピールポイント・チャームポイントについて教えてください」-それはもうピンクのほっぺクィ! 
実はぼくのほっぺには恋愛成就のパワーがあるって噂なんだー
みんなもぼくを見つけたらほっぺに手をかざしてみてね。

えっ!!?? それほんとですか吉兆くん!

取材終わったらちょっと触らせてもらってもいいですか?
-もちろんクィ! でもやさしくね!

 では気を取り直して
「深草地域で特にお気に入りの場所はありますか」
-ぼくが住んでいる深草山もとってもいいところなんだけど、おすすめは琵琶湖疏水クィ!
さえぎる物がなくて広々しているところと季節を感じられるところが最高だよ!

「今や日本中でゆるキャラがブームですけど仲のいいゆるキャラや、実はライバル視しているゆるキャラはいますか」
-ぼくたちゆるキャラはイベントでみんな協力して地域を盛り上げたりするから、みんなと会うのが楽しいし、特にライバルはいないんだよ。
でも同じ深草にある龍谷大学のロンくんやロンちゃんとは一番会う機会が多いクィ!
一緒に深草を有名にするためにがんばってるんだ! 

「これまでどんな場所に行ったことがあるのですか」
-深草に住んでいるみんなにもっとぼくのことを知ってもらいたいから深草地域のいろんなところに行ってきたよ。
他には深草地域が舞台になったテレビアニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」のPRで東京に行ったことや祇園祭のイベントに参加したこともあるんだよ。

いろいろな所に行っているんですね。
-実は、ぼくもアニメにこっそり出演してるんだー みんなも探してほしいクィ。

わっ!すごい、そうなんですか。僕も一度見てみないと...

 「昨年のゆるキャラグランプリに吉兆くんも出られたそうですが感想をお願いします」
-今回は1699のキャラクターのエントリーがあったらしいんだけどその中で338位、京都府内4位になれたクィ。
深草地域のみんなからの熱い応援のおかげでここまで頑張れたんだ!
 
これは立派ですね!さて最後の質問となりました。
「深草地域のみなさんにメッセージをお願いします」
-これからももっと深草のみんなにかわいがってもらえるように、深草のいいところをどんどんと全国に発信できるようにがんばるクィ!
みんなもぼくに会いに深草に遊びに来てね ゴキッチョー! 


深草のことになると目をより一層きらきらさせて一生懸命答えてくれた吉兆くん
その言葉からはゆるキャラといえども決して「ゆるくない」、熱い郷土愛が感じられました。そんな吉兆くんをぜひみなさんも応援してください!
今日も地域のみなさんに幸せと笑顔を届けるべく深草地域を飛び回ります! 
また吉兆くんがつぶやくFacebookページも更新中です。ぜひご覧になってください。
https://www.facebook.com/fukakusauzuranokicchokun?ref=hl

image

▲取材を終えた学生特派員にも笑顔を届けた吉兆くん 僕たちにも幸せが訪れますように

【筆者】古川 裕之(龍谷大学経済学部4回生)
4年間通い続けた伏見の街ともお別れの時が近づいてきました。でもまだまだ伏見のええとこ見つけに行きたい!だから今日も出発進行!!

image

【写真】入口 晴圭(龍谷大学政策学部2回生)

【取材協力】小川 未桜(龍谷大学法学部1回生)
      福田 有梨(龍谷大学法学部1回生)
      田村 勇人(龍谷大学法学部1回生)
Special thanks】岡田 達也(龍谷大学法学部1回生)

人の手でつくる商売を:久我の杜商店街・福田将之さん

February 19.2015

みなさんはじめまして!

伏見彩発見の特派員、みなつです。

わたしからは伏見の西に位置する久我(こが)・久我の杜・羽束師(はづかし)地域の情報を主に発信していきますので、よろしくお願いいたします。

今回取り上げるのは、久我の杜商店街にあるお惣菜屋さん「にぎやかし」の店長さん。

久我の杜商店街は、「バス通り」の愛称で呼ばれることもある主要道路123号線に沿って、"道路に背を向けて"立地しています。

なんで道路に背を向けているのか...の秘密については、またじっくり探ることができたらいいですね☆ 


image

↑赤いマークが久我の杜商店街です。伏見区役所から桂川を渡った先にあります。


オーナーの福田将之さん(36歳)は、6年前からここでお惣菜屋を始めました

image

▲店内の様子


▼ ご出身はどちらですか?

「実は...住吉学区の方なんです。小さい頃からずっと。」

なんと、福田さんは同じ伏見の住吉学区出身。おじいさんの代から、住吉で商売をしていたそうです。

「住吉では、自分で新しくなんかしようって思っても、やっぱり子どもの頃から知ってる人がいるから、甘えてしまいそうで。そやしちょっと住吉から離れてみようかな...と思ったんです。福田くんって言われるより、総菜屋のおっさんって言われたい。」

そうして福田さんは、サラリーマン時代を経て、自ら貯金した資金を元に、久我の杜で商売を始められたそうです。

image

 (左が「にぎやかし」店長の福田さん)


▼ お惣菜って、近くのスーパーやお弁当屋さんにも売ってますよね?そういったお店と競合することはないんですか?

「スーパーと競合か...。スーパーのお惣菜は、『完成された味』っていうんですかね。なんていうんかな、全員が食べれるかなっていう味?そうじゃなくって、自分とこでつくってる味をなんとか出したいなっていう。食品工場の機械でなく、人間がつくったら、『人がつくってる』味になるんやと思うんです。それがウリですね。」


―そこがスーパーと全然違う、といえるポイントなんですね!お客さんはどのような方が来られるんですか?

「若い人から、お年寄りまで。意外と幅広い世代の方に利用してもらってます。おばあちゃんなんかね、スーパーやとお会計の時に小銭を出す間がないらしい。レジの人、お札出したらぴゃっと引っこ抜くでしょ。その後に小銭を出せへんらしいんです。『スーパーでは小銭出せへんねん。ごめんな、ここでつこて(使って)。』って言いながら、ここでは小銭を出していかはる。やっぱそういうのはきいてて、なんかほっこりするなって。ここではちょっとのんびりしてもらえたらなって思うんです。」


福田さんのお話をきいていると、お客さんが来店されました。

60代後半くらいに見える女性の方でしたが、なんと、お会計のときに「ごめんなぁ」と言いながら大量の小銭を使っていかれたのです。


―本当に小銭をたくさん使っていかれましたね(笑)

「(笑)やっぱできへんらしいですよ、スーパーでは。あと、服装が喪服っぽかったね。あの服ではなかなか、スーパーも歩きにくいやろうし。そういうときにバッと買いに来てもらえたらね。」


―いろんな方が来られるんですね。

「お婆ちゃんが、『このオムライス美味しそうやわ』って、さっき買われたオムライス下げながら買おうとされたり。スーパーと違って会話できるから良いんです。スーパーやったら、お客さんが同じの2個買ってても、さっき買われましたよ?とか言われへんし。」


福田さんのお話する様子から、すごく今の商売を楽しんでおられるんだなぁということを感じられました。

そこで、今が理想的な商売の形ですか?と問いかけてみました。


 「実はまだ満足にやれてないことがあって...。この近くには、ちょっと塩分はダメとか、足が動かへんねんって人もいはるねんけど、その人らと関わってるのが今はちょっとだけなんですよね。実は、お弁当を毎日もってったりしてるんですよ。今関わっている人以上に、そういうサービスを必要としている人がほんまはいはるんやろうけど、やってあげられる体制がまだ整ってないんですよね。大きい企業も高齢者向けに宅配やってるけど、やっぱ大量に提供しようとすると、そこまで味薄せんでええのにって困る人も出てくる。需要は少なくても、そういう人らになんかやってあげたいんですよね。」


▼ お客さんにいろいろ頼まれるのを楽しんでるみたいですね。宅配だって、福田さんからやりますよって言ったわけではないんですよね。

「はい。お客さんから助けてって。お客さんのちょっとしたわがままもきくのも個人店やし、それがメインで楽しいんですよ。スーパーやったり今の商売は、お客さんとのそういう関係性が少ないのがおもしろくないなーと。」


自分の力で " 商売 " をしたい。そんな想いで始められた福田さんの商売は、お惣菜も、お店のサービスも、人の手でつくることを大切にした素敵なカタチでした。


▼ 最後に、お店のPRをお願いします!

「店の名前の通りに、『にぎやかし』でいいんです。このお惣菜で晩御飯食えよっていうんじゃなくて。会話がしたいからの一品やったり、なんでもいいんですよ。打ち上げ用のオードブルとかもよくつくるんですけど、そういう賑やかな場に参加できたら素敵やなって。にぎやかしにどうぞって感じかなぁ。」


久我の杜商店街のお惣菜屋さんは、こんなに素敵な店長さんのお店だったんですね!

インタビューでは、終始 照れくさそうに、でも熱い気持ちを込めて話される福田さんが印象的でした。

久我の杜商店街には駐車場もあるので、近くに来られた際はぜひ「にぎやかし」の一品を☆

少しのワガママも、楽しんできいていただけるかも・・・?


福田さん、ありがとうございました!!



 -----------------------------------------

■  お惣菜の店「にぎやかし」

伏見区久我東町210番地 B-1
Tel: 075-934-0239
営業時間: 10:00~20:30
定休日: 土日祝
☆オードブルは3日前までに予約をお願いします

image



-----------------------------------------

取材日: 2015年1月29日

記者: みなつ 地域住民特派員

image

未来がミエル望遠鏡

February 5.2015

未来がミエル望遠鏡・2月イベントカレンダー・

春に向けて動物たちが動き出す時期になりました。

そう!私たち人間もですよ!

お部屋の中で暖まるだけではなく、お外で熱い伏見を味わいましょう\(^o^)

 

今月のイベントカレンダーは京都教育大学の学生が担当します。

伏見で行われる気にな~るイベント大集合!

 

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~15日()   伏見すいっとバル

         「伏見の日本酒と京都の野菜が楽しめる2週間」

          情報:http://www.suitofushimi.jp/masu/

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3日()     節分祭

          場所:藤森神社

          最寄駅:京阪「墨染」駅、JR「藤森」駅

          情報:http://guide.jr-odekake.net/event/19068

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6日()     はじめから学ぶ「京の食文化」公開講座

         「京料理ってなあに?」

          場所:京都聖母女学院短期大学

          最寄駅:京阪「藤森」駅

     情報:

http://www.seibo.ac.jp/news/index.php?c=news_view&pk=1421131018

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8日()     京都パルスプラザコンサート2015

          場所:京都パルスプラザ 稲盛ホール

          最寄駅:近鉄、地下鉄「竹田」駅

情報:http://www.pulseplaza.jp/event/index.php?y=2015&m=2

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8日()     チャリティーフリーマーケットin京都市

          場所:京都伏見のスーパー銭湯 力の湯

          最寄駅:近鉄、地下鉄「竹田」駅

          情報:http://www.walkerplus.com/event/ar0726e91966/

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日()    城南宮七草粥

          場所:城南宮

          最寄駅:近鉄、地下鉄「竹田」駅

          情報:http://kyoto-design.jp/event/12159

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23日()    五大力尊仁王会

          場所:醍醐寺

          最寄駅:地下鉄「醍醐」駅

          情報:http://kyoto-design.jp/event/12168

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23日()    伏見連続講座「和食を学ぶ、和食を伝える」第三回

 「銘酒を愉しむ その極意にふれる」

 場所:京都教育大学

 最寄駅:京阪「墨染」駅、JR「藤森」駅

 情報:http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/page/0000172108.html

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 *学生が興味のあるイベントを中心に掲載しております。

心和むひとときを・・~京都・伏見 椿堂~

February 5.2015

心和むひとときを・・~京都・伏見 椿堂~

 

みなさんこんにちは!!

2015年あけましたね!

我々特派員も初心にかえったつもりで、これからも伏見のいいところを発信していきます!

さて、今回訪れたのは

京阪墨染駅から徒歩5分程のところにお店を構える「椿堂」さんです。

椿堂さんでは、お茶の販売はもちろん、その奥にある茶房『竹聲』では、ゆっくりとお茶

をいただくことができます。

おいしいもの大好き!京都教育大学学生特派員たち!笑

早速いただいています。

▲椿堂にて

椿堂の歴史は古く、明治12(1879)年に遡ります。

当時は販売だけでなく、大亀谷のお茶畑で茶葉を育て、製造もされていたそうです。

今回は、そんな椿堂の武村龍男さんにお話を伺いました!

▲武村さん

武村さんは、一度京都を離れられたことがあるそうで、

「その時離れてみて知る京都・伏見はどんなところでしたか?」

―京都は盆地だなと感じた。もちろん気候だけではなくて、文化的なことも含めて、町全体が外とは違う。

だからこそ、京都ながらのサイズ感で、尺度の中で仕事ができる。

守られている感じがする。

年中行事は今でもとても大切にしていることや

人付き合いでも、一度始まると長い付き合いとなり、また簡単には誰でも入り込まない。

そんな京都らしさは、そのサイズ感あってのことなのかもしれないと教えてくださいました。

そんな良さを持つ京都・伏見。

観光の面では、圧倒的に伏見稲荷大社にたくさんの方が足を運ばれているのだとか。

「お稲荷さんからは少し距離のある藤森界隈ですが、たくさんの方に来ていただくために、何かいい方法はあるのでしょうか。」

―商店街の活性化、ということがよく言われているが、それだけが本当にいいのか?

お店がたくさん集まっていて盛り上がっていることだけではなくて、

そのお店が、みんなが行きたいと思えるお店になることが大切なのでは。

たとえばどんなに山奥で行きにくい場所であっても、その場所にあるお店がおいしいお店なら、きっと行きたいと思うはず。

それぞれのお店に喜んでもらえる部分がないと、意味がない。

椿堂では、ゆっくりとお茶を淹れていただきながらお話ししながら飲むことができます。

私たちもたまに行かせていただいていますが、これも、椿堂の良さの一つだと感じました!

 ▲淹れていただく様子

伏見の中で素敵なお店・素敵な場所をもっと見つけて

発信していくのは私たち特派員にも担える役目かもしれません!!

「伏見の忘れられない風景、この場所いいな!と思うところ教えてください!」

―十石舟、藤森神社。伏見稲荷の山頂は神秘的で、ぜひ夜に行ってほしい。

「最後に、伏見について」

―これまでずっと何気なく過ごしてきた伏見のことを

どんな場所なのか故郷としてこれまで感じてきたものをもとに

これから勉強して、知っていき話せるようになりたい。

近年ペットボトルで手軽に買えるようになったお茶。

簡単で手軽になったからこそ、「いいお茶」を感じてもらおうと茶房を作られたのだとか。

おいしいお茶の淹れ方は、簡単なようで奥が深いです。

少しコツも伺いました!

茶葉によって分量が異なるため、その茶葉ブランドに合わせて淹れ方が異なるそうです。

温度を下げて淹れることで渋みがでないそう!

最後にいただいた抹茶ぜんざいも最高においしかったです!


▲抹茶ぜんざい

 

武村さん、本当にありがとうございました!

本日も、伏見のいいとこみーつけたっ!

*お店情報*

「京都・伏見 椿堂茶舗」

URL: http://www.tsubakido.com/                                                                                        

住所: 京都市伏見区深草北新町635

最寄駅:JR藤森駅から徒歩7分

京阪墨染駅から徒歩1分

電話: 075-644-1231(受付時間:10:00~18:00 日・祝休)

営業時間: 椿堂茶舗 10:00~18:00 

竹聲(茶房)11:00~16:30

定休日:日曜日・祝日

*取材日*

2015年1月20日

*写真

 村田遼平

 京都教育大学大学院2回生

*筆者*

あすか

京都教育大学家庭領域専攻4回生

おいしい食べ物とお酒で寒い冬を乗り越えたい!

*取材協力者*

みほ(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

むう(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

「実は、あのね。」~取材記者へのインタビュー~ 12月編

February 3.2015

ついに2月になってしまいましたが、編集後記、12月編です。

http://fushimikanko.tumblr.com/post/105491263002

この記事で、伏水きたせ昆布老舗さんの「月イチ」という立ち飲みパーティーの取材をさせていただきました。今回はその裏話です!

image

質問はまちや七彩コミュニティメンバーと京都教育大学の学生、回答は取材を行ったメンバーの発言をまとめたものです。

 ―写真で料理がたくさん写ってたけど、印象に残ったものは料理を教えて。

日本酒(荒玉酒店さん提供)、九条葱を練りこんだクロワッサン(「IL cielo」さん提供)、鹿肉のお惣菜などが美味しかった。

 ―新規のお客さんってどれくらいいるの?

店長さんのお知り合いの方が多いような印象でしたけど、新規の方で、お友達に誘われて、という方がいらっしゃいました。たしかにここに来れば輪が広がって楽しいですし、お友達も誘いたくなりますよね。そんなつい紹介したくなる魅力的な「月イチ」パーティー、またぜひ参加したいです!

地元の盛り上げ方として、こういう月イチパーティーのような形はとても良いですね。もしかしたら私の地元にもあるかもしれないし、探してみようかな。

 ―最後に、この小川未桜記者に質問。筆者紹介の所のボタンの写真は何か意味があるの?

これは、誕生日にお兄ちゃんに買ってもらったボタンです。

優しいお兄ちゃんがいてうらやましいね。

それでは、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

会議日:1月20日

筆者:福田有梨(龍谷大学法学部法律学科専攻1回)

数えちゃったよぉぉぉぉぉぉ!

January 21.2015

こんにちは! どーーん!

image

▲千本鳥居を数えてるちっち

はい。

今回は伏見区、いや日本、いや世界の人々は

ほとんど知っているであろう伏見稲荷大社をお散歩してきました!!

カウンターを持ち、万歩計をつけて日頃気になっていた

『伏見稲荷の鳥居の数、階段、歩数』を調べながら歩くことにしました。 

さあさあ!真っ赤な鳥居をくぐってお散歩スタート☆

稲荷山の頂上を目指して順調に歩いていきます。

以前、頂上まで登ったことがあるのですがその時気づかなかった発見がありました。

発見その1:鳥居奉納の値段

image

▲鳥居の値段

大きさによって値段が変わるようですね~

「5号ぐらいだったら自分たちでお金出しあったら鳥居奉納できるねぇ」なんて会話も、、

 発見その2:無料おみくじ

image

▲吉でした!

なんと、無料のおみくじがおいてあるんです!

私たちが登ったルートには2つ置いてありました。

歩いていてちょっと疲れたなぁって時に無料おみくじがあり、大興奮でした⊙﹏⊙

発見その3:稲荷山の健康ゾーン

image

▲健康たまご

image        

▲滝行場

さらに歩きかなーり疲れ、心が折れそうになっているところにゆで卵発見!

このゆで卵、薬力社の湧き水でゆでた"健康たまご"1つ80円で販売されています。

もちろんいただきました♡

疲れた身体に健康たまごは効きますね!もう一息頑張ろうと思えました!

健康たまごを食べ、ちょっと休憩して歩き出しました。

頂上に近づきだんだんと階段も増え、標高が上がり気温もひんやりとしたように感じました。

ついに!山頂です!

1時間15分で登りきりました。達成感しかありませんでした。

image▲登りきりました!!

そしてそして、

今回の目的である『鳥居の数、階段、歩数』の結果発表です(´ ˙○˙ `)

鳥居の数:2393個  階段:1276段 歩数:3727歩 でした!

 

伏見を見て、食べて、学んで、感じる新年・1月イベントカレンダー

January 13.2015

image

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します(^O^)!

今年も伏見の魅力をたくさん発信できるように、精一杯頑張ります!

さて、1月のイベントカレンダーは龍谷大学の学生が担当します!

今回は伏見がテレビで紹介される情報も載せています!

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10日(土)     深草文化交流 「伏見で活躍した戦国武将列伝」

場 所: 深草支所4階会議室

最寄駅:京阪本線「藤森駅」

 情 報:http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/cmsfiles/contents/0000174/174701/kouhousiryou.pdf

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17日(土)     虫ってどんな味?昆虫料理を食べてみよう!

場 所: 京エコロジーセンター(京都市伏見区深草池ノ内町13)

最寄駅: 京阪本線「藤森駅」

 情 報:http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/11/post-185.php

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18日(日)     いま伏見で考える、歴史を活かした都市魅力創造

 場 所: 伏見区総合庁舎1階ホール

 京阪本線「丹波橋駅」「伏見桃山駅」
近鉄京都線「近鉄丹波橋駅」「桃山御陵前駅」

 情 報:http://www.facebook.com/events/1593341670895181

 ◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24日(土)     コミュニケーションって何だろう?~気持ちのよい人間関係を築くために~

場   所:種智院大学204講義室

最寄駅:近鉄京都線「向島駅」

情   報:http://www.shuchiin.ac.jp/alumni/learning_extension.html

 ◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24日(土)     女性に嬉しい 納屋町商店街と伏見の酒

場 所:京都市伏見区南浜町280

最寄駅:京阪本線「中書島駅」

情 報:http://www.facebook.com/events/694027097380822

 ◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25日(日)      毎日の食卓に!おうちで味噌づくり

場 所:京エコロジーセンター (京都市伏見区深草池ノ内町13)

最寄駅:京阪本線「藤森駅」

情 報:http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/12/125.php

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25日(日)     正月ぴあ祭り

場 所:ピアーズンピアーズ PiersnPeers (京都市伏見区南浜町280)

最寄駅:京阪本線「中書島駅」

 情 報:http://www.facebook.com/events/787702011298380

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

31日(土) 餅つき de 交龍

場 所:龍谷大学 深草町家キャンパス(京都市伏見区深草直違橋6丁目303)

最寄駅:京阪本線「藤森駅」

情 報: https://www.facebook.com/pages/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9D%9E%E5%96%B6%E5%88%A9%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%B3%95%E4%BA%BA-%E6%B7%B1%E8%8D%89%E9%BE%8D%E8%B0%B7%E7%94%BA%E5%AE%B6%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3/152338541617809

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 伏見区関連のテレビ放映のお知らせ

番  組:関西テレビ放送「きゃらパラ!」

予定日時:平成27年1月29日(木) 午前11:23~11:25
      
番組概要:巷でブームになっている「キャラクター」。全国各地の「ゆるキャラ」
をはじめとする
様々な「キャラクター」が登場し、生い立ちや街の周辺情報などを楽しく紹介し
ていきます。
1月26日(月)~の1週間は、伏見区役所深草支所のキャラクター「深草うず
らの吉兆くん」が伏見の街を紹介します。

1/26(月):茶碗子の井戸
1/27(火):龍谷大学深草町家キャンパス
1/28(水):聖母女学院本館
1/29(木):京都教育大学まなびの森ミュージアム
1/30(金):鴨川運河

なお、インターネットでは、2月2日(月)から1週間程度視聴できます。
情報:キャラぱらホームページ:http://www.ktv.jp/charapara/index.html
動画配信ホームページ :http://www.ktv.jp/hachipre/movie/charapara/index.html
◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*掲載イベントは学生の興味で掲載しております。

「実は、あのね。」~取材記者へのインタビュー~ 11月編

December 25.2014

「実は、あのね。」~取材記者へのインタビュー~ 11月編

みなさんこんにちは!

12月に入って急に寒くなってきましたね。京都の冬はとっても冷え込みます。

でもそんな冬にも魅力がいっぱい。学生特派員はこの冬も伏見のホットな話題を提供します!

突然ですが、今月より、新企画をお届けします!

月に一度行っている学生ミーティングで、前月の記事の取材記者に他の学生たちがインタビューをし、ちょっとした取材のこぼれ話や記事に乗せられていない未公開情報などを拾おうという編集後記です!

題して「実は、あのね。」~取材記者へのインタビュー~!!

この中で、ミーティング風景や、私たち学生特派員の様々な一面もお届けしたいなと考えています!

さて、11月の記事は、龍谷大学の「十石舟」、京都教育大学の「じねんと市場」でした。ご覧いただけましたか?

それでは早速、編集後記スタートです。

まずは龍谷大学小川未桜記者に聞きました!

十石舟の取材では、伏見の歴史を感じる場面がとても多かったそうで、もっと私たちは勉強しないといけないなぁ。と感じました。歴史も詳しくなってもっともっと伏見愛を伝えていきたいです!

また、記事にあるように、これから「若い人たち」にもっと来て欲しいということでしたが、若い人や女の人に、観光だけではなく担い手にも是非なって欲しいということだったそうです。もっと伏見を盛り上げていくために若者の力ももっと必要ですね!!

次に京都教育大学あき記者に聞きました!

今回取り上げたじねんと市場の隣には、じねんと食堂というビュッフェレストランがあります。そのレストランがとっても美味しい!食材を生かした料理がたくさん並んでいて、みなさんも是非是非行ってみて欲しいです♪

また市場の方には、野菜だけではなく、伏見で作られているお菓子や、レトルトカレー、ジャムなどの伏見土産も売っています!

美味しくて素敵な伏見の新名所、後記でも伝えきれない魅力を是非ご自身の目で!!

今回はさらに京都教育大学より9月の記事の後日談があります!

9月の私たちは、「伏見 ラーメンvsうどん スタンプラリー」を取り上げ、「京うどん 纏」へお邪魔しました!

そしてスタンプラリー参加中ですとお伝えしていましたが・・

筆者無事全店制覇!

10月末ごろ、遂に届きました。制覇の証、Tシャツが!!

 

            ▲2人の制覇者とTシャツ

最近も実は、リピーターとしてうどんやラーメンを食べに行っています!

とても素敵なTシャツと、夏の思い出になりました!

 

*会議日*

2014年12月12日

*筆者*

あすか(京都教育大学家庭領域専攻4回)

残り少ない伏見での学生生活。

サンタさん、時間を止める魔法が欲しいです。

美味しい出会い☆

December 18.2014

今回私たちは、伏水きたせ昆布老舗さんの「月イチ」にお邪魔してきました!

この「月イチ」二年ほど前から始まった立ち飲みパーティーで、地域の方々の交流の場になっているものなんです!

image▲お店の看板

毎回違うお店とコラボでイベントを開いているそうなのですが、今回は、天然酵母のパン屋「IL cielo (イルチエロ)」さんがいらっしゃっていました!お向かいの酒屋の荒玉酒店さんは、今回は搾りたての日本酒と赤ワインを持って来られました。

そして、なんといっても昆布屋さんですから、お出汁の利いたお料理が並んでいます~!好きな料理を選ぶことができます。

image▲手作りのおばんざい!

image

image▲伏見の日本酒

そもそも、どうしてこのようなパーティーが始まったのでしょうか。店長の北澤雅彦さんにお話を伺いました。

「1つ目は、出汁教室の延長やね」...そうなんです、北澤さんは色んな所へ赴いて、出汁の取り方や昆布の魅力についてレクチャーしておられるんです。昆布は日本文化、そして日本人としての自分のルーツである、と私たちにも語ってくださいました。

「2つ目は、昆布料理を食べてもらいたいから。だから、よそのお店にも"テーマは昆布"と言ってあるんです。あとは、被災された福島の方へ昆布を送ったお返しにお酒を頂いて、友達と店で飲んでいて楽しかったのがきっかけかな」

 やっていて良かったなあと思うことは何ですか?

「色んな所から中書島に来てくれる人が多くなって、さらに伏見に興味を持ってもらえること」なるほど、北澤さんは本当にこの地域のコミュニティーを大事にしていらっしゃるんですね。

 image▲インタビューの様子

さて、私たちもお料理を頂きながら...モグモグ。お客さんにもたくさんお話を聞いてきましたよ~!皆さん共通して、お料理を楽しみに来られているみたいです。本当に美味しかったです!

image▲楽しく談笑するお客様!

初回から来られている方は、この店のご夫婦の人柄に惹かれて毎回来られているそうです。「北澤さんは街興しをされているんだけど、自分ではなかなかそんなことできないでしょう?だから、来て参加することで、応援してるの」

 京都造形大の学生さんともお話しました。北澤さんと違う活動で知り合って、この会を知ったそうです。北澤さんがきっかけで、また色んな人と出会うことができているなんて、素敵ですね。

こんなふうに、人との出会いを楽しんでおられる方が結構多くて、「多文化交流みたい」「色んな活動の情報が知れる」など沢山のお話を聞くことができました。

 他には、「伏見って、来るたびに好きになる街だよね」と言ってくださった方や、「伏見は、何百年と続く歴史を感じられて面白い街だ」と語ってくださった方も。皆さん、伏見が好きなんですね!!嬉しいです! 

image▲みんなとパシャ! 

私たちは初参加ではありましたが、ものすごく居心地のよく、アットホームな雰囲気なので、取材しながらもお料理や会話を楽しむことができました。

こういう地域の交流の場ってすごく大事だと改めて思いましたし、私たち学生もより一層頑張らねば!と決意した夜でした。

 取材先:伏水きたせ昆布老舗 中書島店 (okobu.com)

住所 京都市伏見区南新地4の2

電話番号 075-601-1965

営業時間 10:00~18:00  .

定休日 火曜日

取材日:2014年11月29日

 筆者:

image

小川未桜(龍谷大学法学部1回生)

おばあさんになったら小説を書きたいです。

それまでに色んな人と出会いたいです。

  取材協力者:入口晴圭(龍谷大学政策学部2回生)

       藤田知奈美(龍谷大学政策学部2回生)

       福田有梨(龍谷大学法学部1回生)