じねんと市場 ~新鮮野菜と伏見の味が勢ぞろい!~

December 11.2014

じねんと市場 ~新鮮野菜と伏見の味が勢ぞろい!~

マルシェ♪マルシェ♪マルシェ~♪…

お野菜のことを学べる!一度聴いたら忘れない♪そんなテーマソングが流れる農産物直売所「じねんと市場」を紹介します

 

         

近鉄・地下鉄竹田駅から西へ徒歩5分!アクセス!

明るくて開放感のある店内には伏見区を中心とし,京都市内で作られた野菜・花卉,お菓子・パン,お酒などがズラッと並んでいます

金曜日の午前中にも関わらず多くの人でにぎわっていました

みなさん、真剣なまなざしでお野菜を吟味していました

今回は市場の大半を占めるお野菜を中心に紹介したいと思います

市場のお野菜は栽培から包装,陳列まで,それぞれの農家の方により行なわれています

個性豊かなPOP・肝いりの包装についつい目が奪われてしまいました

一日に数回納品に来る農家の方もいらっしゃるそうで,時間が合えば直接お野菜を手渡してもらえるかも!

規格外で出荷できないBIGサイズのお野菜や普通のスーパーでは目にしないような珍しい品種が並んでいるので目にも楽しいですよ~もちろん、京野菜もたくさん扱われています

少し気が早いですが,お正月に紅大根と聖護院大根で紅白なますをつくりたいな~と思いました

もっともっと,じねんと市場のことを知るために

じねんと市場マネージャー 森田恭行さんにお話をうかがいました

「"じねんと市場"の名前の由来は?」

―"じねん"は自然,自然で生きる"自然人(じねんと)",自然と生きる"自然と(じねんと)"という二つが主な意味だが,いろいろな解釈ができる名前。そのコンセプトに従い,この市場では,ハウス栽培等でなく,自然に育つ旬の野菜を主に扱っている。また,農薬量を減らすよう農家の方が配慮した野菜が多い。自然に背かない自然な農作物を…という思いを持っている。

「伏見に対する思い・おすすめスポットを教えてください」

―都会であり田舎でもある,人の温かみを感じられる地域。農業や工業に長年携わる"職人"が大勢いるため,京都の良さを地元から発信していけるように感じる。大手筋商店街は有名なお店も多く,よく利用しており,コインパーキングが安いこともこのあたりの魅力。また戦前の建物や表に出ない文化財・昔から続く小さな酒蔵なども多く残っている。

「一周年を迎えましたが,これからの"じねんと市場"はどう変わっていくのでしょうか?」

―現在行っている,食育活動や農家の方との勉強会・意見交換会を活発にしていきたい。いずれは,自社農園を作り,農家の方々と切磋琢磨して野菜を作っていきたい。

「じねんと市場のPRをお願いします!」

―30~60代と幅広い年代が来店するじねんと市場は,家族で来られる方も多く,世代間で食文化を伝える場にもなっているよう。また,職場体験・社会科見学・自由研究でも利用できます。これからは交流の場・集いの場となるようイベントも行っていきたい。野菜は獲れたままの形で新鮮なもの・加工品は本物志向で取り揃えているので是非ご利用ください。

そんな熱い思いをを知り,農家の方にもお話を聞きたくなった私たち…

お野菜の納品に来られていた,宮本さんにお話をうかがうことができました!

宮本さんは,もともと建築関係のお仕事に就いており6年前から農業を始めたそうです

「伏見で農業をしてみて・じねんと市場を利用してみてどう感じますか」

―京都は春夏秋冬で寒暖の差があるため,色々な野菜を作ることが出来る。先輩の農家の方から学ぶことも多い。じねんと市場に来て野菜を並べていると,声をかけられたり,感想を言ってもらった。お客さんとのつながりが生まれた。

「お客さんへのPRをお願いします!」

―今は葉物や茎ブロッコリーを出しています。様々な野菜を提供したいから少量で多品種を栽培,鮮度を保つための,小まめな納品をしており"売り切れ御免"でやっています。お米も出していますよ。おいしい野菜が育つよう,肥料などコントロールし,こだわって育てています!

実は,事前に市場のHPで宮本さんを知っていて,お会いしたいな~と思っていました

直接,熱い思いを聞くことが出来てうれしかったです

じねんと市場のHPには,契約している農家の方々が写真や動画で紹介されているので,HPを確認してから訪れるとより一層楽しめますよ♪

店内で流れている素敵なBGMもyoutubeで聞くことが出来ます~

じねんと市場HP

http://jinento.com/

伏見力の湯「じねんと市場」テーマソング/松尾優

https://www.youtube.com/watch?v=aGkAaWiz_x8

農家との委託販売によって成り立つ"じねんと市場"は,おいしい野菜を販売しているだけでなく,農家と農家・農家と消費者のコミュニケーションの場でもありました

これからは,地域の食・産業を発信するプラットフォームとして,一層にぎやかな場所になるのだろうと感じました

今回も伏見のいいとこみぃーつけた!

取材に応じてくださった森田さん,突然のインタビューにも快く答えてくださった宮本さん,記事製作に協力してくださった皆様に感謝いたします

*取材日*

2014年11月28日

*筆者*

あき

上手に楽しめたと感じる秋でした

フォルダは概ね黄色と赤色です

髪を切りました

*取材協力者*

むぅ(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

十石舟に乗ってきました!

November 27.2014

今回は伏見の観光スポットとして有名な、十石舟に乗ってきました!とある月刊タウン情報誌には「京都のベニス?!」なんて書かれていて、ワクワクです。

image

 京阪中書島駅から歩くこと約5分。素敵な舟が見えてきました。
皆さん、伏見が水運で栄えていたって、ご存知ですか?こちらの十石舟と、これよりひとまわり大きな三十舟は、昔、酒や米や人を乗せて、京都と大阪をつないでいたんです。

image

image

さてさて、さっそく乗り込んで出発です!風情ある酒蔵が並ぶ景色...本当にいいですね~!船内では、船頭さんの見どころポイントを聞くことができます。
船頭さん、働く男!といった感じで、背中がカッコいいですね。去年の台風の影響で川が荒れて大変だったことなど、気さくに話してくださいました。

舟にはアメリカから来た方もいて、「より、京都らしさを感じたくて、十石舟を観光コースに選んだよ」とのこと。

image

 濠川と宇治川の合流点にある三栖閘門まで行くと、資料館があります。ここでいったん降りて、さらに十石舟の歴史や、伏見の治水を支えた三栖閘門の仕組みなどを知ることができます。

image


約1時間の往復の船旅が終わり、十石舟運航管理人の笠原さんにお話を伺いました。
ズバリ、伏見の良いところってどこですか?とお聞きすると、わはは、と笑いながら「どこでも、みんなええやろ!!悪いとこあらへん!」。 ・・・ほんと、そうですよね!
「伏見は、『酒と歴史の薫るまち』というキャッチフレーズでやっている。歴史を勉強してもらったら、伏見ってものすごくいいところと分かる。だから舟が行き来する間に大体のところはお話しするんです。」と笠原さんは続けます。笠原さんは本当に京都の歴史に明るい方で、次から次へと興味深いお話をしてくださいました。
この十石舟ができるまでは、伏見の観光への取り組みとしては、何もなされていなかったのですが、だんだんと観光客は増えていき、
2,3年前から韓国・中国などアジアを中心に世界中の観光客が増えたのだとか。皆さんが喜んで帰られることが嬉しいそうです。

これからはどのような人に来てもらいたいですか?――――「若い人たちやね」
世界中のお客さんを魅了する伏見。もっと色んな地域・世代の方にも魅力を知っていただきたいですね!

image

春は桜、夏は柳、秋は紅葉、冬は雪景色・・・どの季節でも楽しめる十石舟、ぜひ皆さん行ってみてください!

取材日:2014年11月6日
筆者:小川未桜(龍谷大学法学部1回生)
取材協力者:古川裕之(龍谷大学経済学部4回生)
      野崎潤(龍谷大学法学部4回生)
      酒井遥(龍谷大学政策学部2回生)
      伊藤佳奈代(龍谷大学政策学部1回生)
      田村勇人(龍谷大学法学部1回生)

未来がミエル望遠鏡 ・12月イベントカレンダー・

November 24.2014

image

冬の本番がやって参りました、12月!

今月のイベントカレンダーは、京都教育大学の学生が担当します。

伏見で行われる気になるイベントをピックアップ !!!!!

伏見で遊ぼう!思い出作ろう!

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日(火)                    伏見銘酒協同組合 酒蔵開き

                                     場所:伏見銘酒協同組合

                                     最寄駅:京阪「伏見桃山」駅、京阪「中書島」駅

                                   情報:http://www.kyoto-sake.com/event/1202

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6日(土)                    伏見連続講座―ふれて、しって、みて伏見―

                                  「酒と神話・伝承」

                                     場所:伏見区総合庁舎1階ホール

                                     最寄駅:京阪「伏見桃山」駅

                 情報:http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/page/0000171951.html

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6日(土)                    伏見連続講座―ふれて、しって、みて伏見―

                                  「グローバル経済化における日本農業発展の可能性」

                                     場所:龍谷大学21号館6階603教室

                                     最寄駅: JR奈良線「稲荷」駅から徒歩約8分

                                             京阪「深草」駅から徒歩約3分

                                             地下鉄烏丸線「くいな橋」駅から徒歩約7分

                  情報:http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/page/0000171951.html

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7日(日)                    伏見港まつりin伏見港公園

                                     場所:京都府立伏見港公園

                                     最寄駅:京阪「中書島」駅

     情報:http://pia2.org/kyoto_machievent/?ai1ec_event=%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E6%B8%AF%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7日(日)                    かえっこバザール

                                     場所:京エコロジーセンター

                                     最寄駅:京阪「藤森」駅

         情報:http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/08/12-4.php

 ◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 10日(水)                 京の旬野菜でバランス食クッキング

                                     場所:伏見保健センター深草支所

                                     最寄駅:京阪「藤森」駅

                                     情報:http://kyo-syoku.net/

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13日(土)                 はんなり伏見コン

                                     場所:伏見大手筋周辺

                                     最寄駅:京阪「伏見桃山」駅

                                     情報:http://hannariconfushimi.web.fc2.com/

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13日(土)                 深草まちや寄席

                                     場所:龍谷大学深草町家キャンパス

                                     最寄駅:京阪「藤森」駅

                            情報:13時30分~15時30分

                龍谷大学・立命館大学・京都女子大学・京都大学の

                落語研究会の学生による落語4席と大喜利

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13・14日(土・日) 京都環境フェスティバル2014

                                     場所:パルスプラザ京都

                                     最寄駅:地下鉄・近鉄「竹田」駅

                                     情報:http://www.pref.kyoto.jp/kankyofes/

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15日(月)                 健康お料理教室

                                     場所:京エコロジーセンター

                                     最寄駅:京阪「藤森」駅

           情報:http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/10/post-182.php

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20日(土)                 ここはづ市

                                     場所:ケアハウス久我の杜

                                     最寄駅:阪急「西日向」駅

                                     情報:https://www.facebook.com/kokohazu

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20日(土)                 伏見・健康げんき塾&おしゃべりサロン

                                     場所:種智院大学306講義室

                                     最寄駅:近鉄「向島」駅

                  情報:http://www.city.kyoto.lg.jp/fushimi/page/0000171951.html

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23日(火)                 健康お料理教室

                                     場所:京エコロジーセンター

                                     最寄駅:京阪「藤森」駅

          情報:http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/10/post-181.php

◆・・・・・・・・・◇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*学生の興味で掲載しております。

京阪沿線伏見の旅 5日目「伏見稲荷駅編」 ~伏見稲荷周辺をさんぽ(^○^)~

October 26.2014

朝9:00。伏見稲荷駅には、観光客(特に外国の方)がいっぱい!さてさて、みなさんはどこに向かうのでしょうか?
てくてくと歩いてみると、そこは「外国人に人気の観光スポット2014」で日本国内第一位に輝いた「伏見稲荷大社」でした。
お稲荷さんの境内を軽くおさんぽしてからインタビューへ(・∀・)

まず、お稲荷さんを出てから、84歳のおばあちゃんとその息子さんにお話を伺いました!
伏見稲荷周辺は交通量も多く、又、観光客の人が横に並んで歩くため、とても危ない。街全体が子どもを育てるように私たちも周りの人のことを思いながら生きていかねば、ととても心に残る言葉をいただきました。
「人は一人では生きていけない。自分のことだけではなく、次の世代、周りの人のことを考えなければならない。困っている人を見つけたら、進んで手をさしのべられる人間になりなさい。」

次に、駅前にある創業90年「稲荷駿河屋」さん!親子三代でその土地に住むと○○っ子と呼べるそうで、伏見っ子のご夫婦にお話を伺いました。
お稲荷さんはもちろんのこと、御香宮の名前の由来や近鉄が高架している理由等、知識が豊富(^○^)!聴き魅入ってしまうぐらいお話がうまく、とても楽しかったです!
今回は伏見稲荷編なので、お稲荷さんに注目!
通常狛犬だが、お稲荷さんにはキツネがいますよね?なぜキツネになったのでしょうか・・・気になります!
昔、お稲荷さんのある場所では、キツネが悪さをしていました。ある日、怪我をしたキツネを見つけた百姓が手当てをしたら、毎年のように、そのキツネが何かを持って家の前まで来ておいていくようになったそうです。例えば、「今年は雨が多く、稲が腐りやすいので早めに稲刈を行う」といったものが書かれた巻物など。そこから神の使いとして祀られるように。そういえば・・・お稲荷さんにいるキツネは稲などを加えています!

本日も伏見のいいとこみぃーつけた!

インタビューにご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!
京阪の各駅を降りてみると、伏見の中でもたくさんの色を見ることができました。
伏見のよさをもっともっと伝えていきたいと思います!

*取材日*
2014年10月10日
*筆者*
みほ

京都教育大学家庭領域専攻4回生
伏見のお酒/剣道/ひなたぼっこ
*取材協力者*
あき(京都教育大学家庭領域専攻4回生)
むぅ(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

京阪沿線 伏見の旅 4日目 [淀駅編] ~競馬場だけじゃない!~

October 25.2014

こんにちは!伏見の旅4日目の今日は淀駅。
まずは、淀城跡に行ってみることにしました。
公園と隣接した與杼(よど)神社と稲葉神社にお参りした後、公園を散策しました。
お天気のせいか、ほとんど人がおられず寂しい雰囲気・・
と、散歩に来ていたおじいさんにお会いでき、普段の公園の様子を伺うと春は桜がきれいで、普段から散歩に来るとおっしゃっていました!
いつもはもう少し人がいるとのことで、今回はタイミングが悪く残念。
 また、歩いていて気になったのがたくさんの石碑があること!

淀にまつわる歴史を感じられる場所でした!

続いて駅のそばにある淀本町商店街へ。

駅前の商店街、昔ながらの雰囲気を感じられます!
今日の1人目は、豆腐屋さんのおかあさん!
中京区から来られて、もう長い間この商店街にいるということです!
「このあたりのいいところってどこですか?」

―商店街の良いところは老人会など,ご近所づきあいがしっかりあるところ。
神社へは朝お参りする人が多いとおっしゃっていました。
11月3日には與杼(よど)神社で秋季大祭もあるよと教えてくださいました! 

2人目は、産直野菜などの販売をしているおかあさん
もともとは傘屋さんだったそうで,お店を開いてからは50年以上にもなるそうです。
「開店当時とは変わってしまいましたか?」
―古くからやっているお店が多く、閉めてしまうお店も多いけど、今でも頑張っているお店もある。お店をやめてしまっても、商店街内のつながりは続いていることはいいところ。
また、昔は商店街の入り口に駅があったんだよと教えてくださいました。
「おすすめの場所はありますか?」
―淀競馬場にあるみどりの広場
桜がきれいだったり、散歩にちょうど良かったりするのだとか...!
競馬場が散歩コースとは意外だと思ったのですが、地元の方の話だと、「老若男女が訪れる憩いの場」であるようです!

そんなわけでおすすめの競馬場・みどりの広場へ行ってみました!
競馬場の横にあるこの公園は、遊具もあり、子供達やベビーカーをおす若いお母さんでにぎわっていました。
私たちもついついはしゃいでしまいました!
また公園内のベンチから少しだけ競馬場がみえて、雰囲気を味わうことも出来ました!

生憎、天候には恵まれなかったものの、
淀の歴史と地元住民の方の元気に触れて、素敵な時間を過ごすことができました!

明日はついに最終日!伏見の有名どころ、伏見稲荷駅で突撃インタビュー!!

*取材日*
2014年10月9日
*筆者*

あすか
京都教育大学家庭領域専攻4回生
好きなことは、伏見で散歩とひなたぼっこ!

*取材協力者*
むう(京都教育大学家庭領域専攻4回生)
あき(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

京阪沿線 伏見の旅 3日目 [伏見桃山駅編] ~お祭りと商店街と謎の塔~

October 24.2014

3日目は、伏見桃山駅へ
お天気が良く絶好のお散歩日和でした~

まずは、駅から続く大手筋商店街を抜けて納屋町商店街へ
納屋町商店街は、駅から東西へ続く大手筋商店街の西端から南へ続いています。
御香宮の神幸祭期間ということで、商店街の入り口には大きな花笠が!

この商店街はおしゃれなアーケードが「知る人ぞ知る」魅力の一つ
実は、天井に伏見の風景がいっぱいなんです!
お店を出たときに見上げるのがポイントですよ~

お次は、風呂屋町商店街へ
大手筋商店街を挟んで納屋町商店街とつながっています。
お茶屋さんのご夫婦に、昔の商店街の様子や、お祭りについてたくさんお話を聞けました。
9日間にわたって行われる御香宮の神幸祭、その第8日目には花傘総参宮(花笠まつり)でこの商店街一体が毎年、盛り上がるのだとおしえてくださりました!

いよいよ御香宮目指して大手筋商店街を東へ
その途中で気になるものを発見!.
銭湯?工場の煙突??なんか、かっこいい!!

そばまで近づいて、出合った方に聞いてみることに…
なんと正解はアパートの給水塔!近くに何本か残っているよと教えてくださりました。
伏見のいいところについて聞いてみると
「人がいいところ・人当たりがいいところやねぇ」とおっしゃっていました。
このインタビューが順風満帆に3日目を迎えられたのも協力してくださる皆さんのおかげだなぁとしみじみ思いました。

さて、無事に謎も解け、いよいよ御香宮へ!
歩いている途中ですれ違った年配の方が「昔はもっと賑やかやったのに…」と言っていたのが気になり、
神社の向かいにあるお団子屋さんにお話をうかがうことに。
以前は神社の外にも屋台がでているなど、今とは少し違っていたそうです。
立派な鳥居を抜けると、お昼間でその多くが準備だったものの沢山の屋台が並び、境内は参拝にいらした方でにぎわっていました。

老若男女が熱く盛り上がる神幸祭の真っ只中
伏見桃山駅周辺商店街は、いつも以上に活気があふれていました!

歩くだけで楽しいって、すごい魅力だなぁと感じた一日でした。
ご協力くださった皆様に感謝いたします。

次回は、南端!淀駅へ行ってきます~

*取材日*
2014年10月8日
*筆者*
あき

伏見歴4年目
ひなたぼっこ歴3年目 
日本酒で乾杯しています

*取材協力者*
むぅ(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

京阪沿線 伏見の旅 2日目 [中書島駅編] ~天気のよい日には、伏見を歩こう。~

October 23.2014

2日目の今日は、中書島駅から、てくてくと。

川にかかる橋の上で、お散歩中というご婦人お二人に声をかけてみました!
桃山~伏見港公園が散歩コースだというお二人。
ここの川沿いには、お弁当やおやつをもって、よく来るようです。
「伏見のいいところ教えてください!」
― 祇園あたりと違って、のんびりしていていいよ。
春の桜がきれいであるという情報を入手!
さらに、本日の目的地、三栖の閘門の上へあがると眺めが絶景であるという情報をもらい、
「上ってなんだー???」と楽しみにしながら、歩みを進めることに。

ふらふら歩いていると...
三十石船のモニュメントのそばで、土手の花壇の手入れをしているおじさんを発見!
自宅は土手のすぐそばで、この川は、子どもの頃からの遊び場だったこの方。
土手を彩るために、何十年もボランティアで行っていることで、今は、冬のスイセンの準備を!
いやー、早くみたいなあ…!
自宅で苗から育てていると聞き、愛を感じました。

話に花が咲き!きれいに咲いたときの写真や伏見の資料を見せてくれると、
玄関先までお邪魔しました。
伏見についてとても詳しい方で、伏見の様々な歴史など語ってくださいました!
みなさんご存知でしたか?日本で初めて市電が通ったのは伏見なんですよ~
聞くところによると、伏見観光協会の前身となる団体で活動していたのだとか!
な、なんと、大大大先輩でした!!!!!
「伏見できれいな風景といえばどこですか?」
― ヨシ原にたくさんのツバメが集まって越冬する風景。
あとは、酒蔵のところにある菜の花がきれいやな。
松本酒造の付近にある菜の花。最近は、花粉を嫌って花がついたらすぐに切られてしまうそうな。
川沿いを歩く楽しみが、またひとつ、いや、ふたつもみっつも増えました!

おじいさんとお別れして、閘門へ向けて再び出発!!!!!

ようやくたどり着いた三栖の閘門!

秋晴れともあって、最高の眺め!

話に聞いていた、上にからの景色とはどこのことかわからないまま、はしゃいでいると、
お仕事仲間と伏見を歩いておられた男性女性に遭遇。
声をかけてみると…上がる入り口を教えてくれたのですが、
鍵がかかっていて上がれませんでした、残念。
ですが!
そこから、「旅は道ずれ~」なんて言って、
三栖閘門資料館から中書島駅まで小1時間かけて川沿いを歩きながら、
ガイドさんをしてくださいました!ガイド担当の男性は、伏見をよく知る地元の方でした!
今は、御香宮のお祭り、花傘パレードで、町内が盛り上がりを見せています!!!!!
地元の方のガイド付きの散歩とあって、充実した楽しい時間を過ごせました。

「わからんことがあったらいつでも聞きに来たらええでー!」
と優しい心遣いに嬉しくなりました。


次回は、祭りで盛り上がっている御香宮をめざして、伏見桃山駅にお邪魔します! 

*取材日*
2014年10月7日
*筆者*
むう

京都教育大学家庭領域専攻4回生
伏見のお酒で乾杯すること、それが私の伏見に対する愛情表現♡
*取材協力者*
あすか(京都教育大学家庭領域専攻4回生)
あき(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

京阪沿線 伏見の旅 1日目 [墨染駅編] ~伏見のいいとこ教えてください!~

October 23.2014

みなさんこんにちは!!
今回は、伏見区内にある京阪本線の駅に行って、その周辺におられる町の人に突撃インタビュー!というなんとも唐突な企画をお送りします☆
伏見にお住まいのみなさんに、伏見のいいところ、教えてもらいに行っちゃいます!
そしてこの企画はなんと10月6日から10日までの5日間連続で行いました!
京都教育大学生が順番に記事をupしますので、お楽しみに!!

それでは張り切って出発!
スタートは、私たちの京都教育大学のある「墨染駅」です。
墨染と言えば...大きな神社がありますね!
そう、藤森神社!まずは、そこまで、てくてくと。
境内の喫煙スペースで休憩中のおじいさんを発見! 伏見に住んでなんと50年!徳島県の出身で、就職の際に伏見にこられたとのこと。
「伏見のいいところ、教えてください!」
―あんまりないなぁ・・。笑
 なんでも、昔はもっと、大手筋商店街や、地元の墨染商店街も賑わっていて、華やかだったとのこと。 最近は閉めてしまうお店も多く、寂しいということでした。
 町内の若い世代が減ってきていることもおっしゃっておられました。  私たち若者、頑張らなくちゃいけませんね!!!
 お話ありがとうございました!

名水「不二の水」を汲みに、人が集まる場所へ...。
ご主人の希望で焼酎水割り用に水を汲みに来たお母さん、
不二の水の良さを熱く語ってくれる地域のおじいさん、
沖縄から半年前に移ってきたという若い夫婦、
親子などたくさんの人に出会いました!
若い夫婦に聞きました。
「伏見に住もうと決めた理由は何だったのですか?」
―疎水沿いを散歩とかしたいなと思って。
いいですよね、散歩!

駅周辺へ戻って、今度は墨染駅前の疎水を渡ったすぐそばにある八百屋さんに突撃取材!
笑顔で明るいご夫婦にインタビューをさせていただきました。
「伏見のイメージってどんなものですか?」
―お酒の町、城下町、寺が多い  お酒の町というのは、外から見ても住んでいる方からみても感じる、伏見のイメージなんですね。
 そして城下町というのは、地名から感じるとおっしゃられていました。
 実はご主人、伏見の地名について調べられたことがあるのだとか!!
 伏見には、○○屋敷町、や正宗など、城下町だったことを物語る綺麗な地名がたくさんあります。
 戦時中の由来が今も残る師団街道や第一軍道など道の名前も珍しいです。
 私もこれから町を歩きながら地名に注目してみよう!と思いました!
 お寺についてはただ多いだけではなくて様々な宗派があるそうで、伏見のお寺巡りも楽しそう!
「伏見の好きな場所はどこですか?」
―三栖閘門
 特別綺麗な花が咲くわけでも華やかなわけでもないけれど、
 なんとな~く、ホッとするんや。とご主人。
 他にも、この八百屋さんがある墨染通りは、昔、大石内蔵助が現・橦木町にあった遊郭 に行くために通った道であることや、伏見の大仏がある欣浄寺を紹介していただくなど、 たくさんの貴重なお話をいただきました。
 笑顔が素敵な明るいご夫婦、本当にありがとうございました!

ということで明日は三栖閘門のある中書島駅に決定!

*取材日*
2014年10月6日
*筆者*

あすか
京都教育大学家庭領域専攻4回生
好きなことは、伏見で散歩とひなたぼっこ!

*取材協力者* むう(京都教育大学家庭領域専攻4回生)

神社が果たす地域の役割☆藤森神社より

October 23.2014

今回の『伏見彩発見』は、競馬ファンならきっと知ってる、深草の名所・藤森神社からお送りします!
藤森神社の氏子区域は広く、南北は桃山、住吉の一部から七条通り手前まで、東西は稲荷山から竹田街道まで含みます。伏見稲荷大社の周りも、実は全て藤森神社の氏子だそうです。由緒は、神功皇后により創建され、平安遷都以前からある歴史ある古社です。

image

境内は地元の人たちで賑わっていました。
広い境内のあちこちに折りたたみ椅子に座ってスケッチしている人たちがいます。男女のカップルや、部活生らしきグループも。
みなさん自由に、自分の時間を過ごされています。

image

imageimage

こちらは、100メートル下から汲み上げている『不二の水』という湧水です。
境内の二ヵ所にある紫陽花苑の紫陽花に水をやるために掘ったものだそうです。紫陽花苑は、延べ1,500坪の苑内に3,500株の紫陽花が植えてあり、6月には満開の紫陽花を見ることができます。同神社で開催される紫陽花まつりに合わせて行くのがおすすめです。
さて、この湧水は、生活水に使うため汲みに来る地元の人が多いことから、ペットボトルなどに入れやすいように、漏斗がおいてありました。
2ℓのペットボトルを何本も満タンにして自転車に積んでいる方がいらっしゃったので、お話を聞いてみました。
「この水で淹れたコーヒーやお茶は、美味しい。薬品くささがないから」とのことで、毎日汲みに来ているのだとか。私たちもちょっと飲んでみました。すると、水がとってもやわらかく、美味しかったです。みなさんもぜひお試しください。

さて、今回の取材のきっかけは、藤森神社が地域のさまざまなイベントに場所を提供していることを知り、神社と地域のつながりについて興味を持ったからです。宮司の藤森信正さんにお話を伺いました。

―地域のイベントに場所を提供してらっしゃるのはなぜですか?
「神社は基本的に、信条や宗教で人を区別しませんので、空いていたら場所はお貸しします。それと、神社に人が集まってほしいという思いもある。昔から、神社は地域のまとまりの中心でした。人が生きていく上で、より良く生きられるように導く場所ですので、多くの人に訪れていただきたいです」
―では、神社と人との関係は支えあい、持ちつ持たれつといった感じでしょうか
「そうですね。ただ、戦後は学校や家庭での教育が不十分な面もあるのか、伝統的文化を知らない人も多いです。そのことはとても残念ですね。しかし、信仰心のない人でも、地域のイベントには出てくると思うので、私たちが場所を提供することが架け橋となって、自然と神社に親しむことができ、伝統を知るきっかけになるのではないかと思っています」

―伏見のどのようなところが好きですか?
「伏見(深草)には長く住んでいますが、伝統を守る人が多く、住みやすい町ですね。情緒があっていい場所です。伏見には、これからも伝統を守ることを大事にしていってほしい。ここに暮らす一人ひとりが、家庭での伝統や、日本人としての伝統、それらを守って暮らすことで、より良い町が築かれていくと思います」

―藤森神社には、さまざまな伝承や年中行事がありますが、これらはどのようにして伝わったのでしょう?
「もともと江戸と大坂のあいだの藤森神社が、参勤交代などの交通の要所であったことから、口伝えで伝承が伝わりやすかったのでしょうね。それで、実際に恩恵があったりして、多くの人によって現代まで伝えられてきたのだと思います」

―藤森神社には、勝運を呼ぶ神、学問の神、馬の神といったそれぞれ十二柱の御祭神が祀られておりますが、地元の方以外ではどういった方が参拝に来られますか
「遠方から来る方で一番多いのは競馬ファンや騎手の方。それに、今年は午年なので正月は境内が長蛇の列で埋め尽くされていました。スポーツにも恩恵がありますので、京都の高校駅伝の際は、他県の選手が下見の帰りに拝んで行かれました。一方で、日本書紀の撰者であり、文武に優れた舎人親王が御祭神であることはあまり知られていません。舎人親王は優れた学者でしたので、受験生の方々もお参りに来ていただければご利益があると思いますよ」

藤森神社は、実は京都のどの神社よりも歴史が古いのです。
京都に観光に来る人は、どうしても北に向かいがち。でも、最近メジャーな神社に飽きた人や、コアな京都ファンなどは、南に足をのばす人も増えてきているとか。
ぜひ、藤森神社へ訪れてみてください。地域コミュニティの中心として、住民を支え、心の拠り所となっている場所です。

image

写真は、快く取材に応じて下さった、宮司の藤森信正さん。
さらに、禰宜の藤森長正さんが、不勉強な私たちに神社のことを詳しく説明してくださいました。

image

大英博物館所蔵、藤森祭図巻。馬が駆ける姿がたくさん描かれています。

image

宮司さんが藤森神社と深草に関する資料を下さいました。図巻は『創祀千八百年 藤森神社』から。本物はイギリスにあるので記事に載せることができず残念ですが、資料に興味のある方は龍谷大学の町家キャンパスに来てくださったら読んでいただけます。

藤森神社
http://www.fujinomorijinjya.or.jp/
〒612-0864 京都市伏見区深草鳥居崎町609
Tel 075-641-1045
Fax 075-642-6231
アクセス■京阪墨染駅下車徒歩7分■JR藤森駅下車徒歩5分■市バス藤森神社前下車

*筆者
福田有梨(龍谷大学法学部一回生)
*写真
岡田達也(龍谷大学法学部一回生)

image

*取材協力
田村勇人(龍谷大学法学部一回生)
古川裕之(龍谷大学経済学部四回生)

ラーメンvsうどんスタンプラリー 参戦!!!!!

September 26.2014


今、伏見で気になるイベント!
伏見 ラーメンvsうどん スタンプラリー
伏見に店を構える ラーメン屋さん、うどん屋さん 計10軒による
スタンプラリー企画です。

image

「新たな麺との出会いを求めて...」
ということで、10軒制覇に挑戦することにしました!!!!
8
1日~930日の2ヶ月間開催されている このイベント。
制覇記念の「Tシャツ」と「全店共通お食事券2000円」を手に入れるため、伏見の麺屋を駆け巡ります!

さて、今回、京都教育大学から最も近い スタンプラリー参加店、
京うどん 纏(まとい) のご主人に、お話を伺いに行きました。
まずは、ご主人おすすめの おうどん をいただきました。
ちく玉天ぶっかけうどん の大盛り!!!!
洗面器サイズの 大きな大きな大盛り用の器!心奪われます!!
この器、生け花用なのだとか。image

生け花用ともあって、蝶々がひらり。見つけられますか?
食べる前に め で楽しみます。
お味は
コシのある麺に お出汁が しっかり絡み、
噛む度に おいしさと幸せが広がります。
もちっとした 揚げたてちくわの天ぷらも「おいし~!!!

お腹を満たされたところで、インタビューを。

大阪生まれの ご主人。
子どものころは、
伏見桃山アリーナのスケート場に通ったり、遠足で桃山城に来たり。
「そのころの
伏見のイメージは?」
― いなか。

大阪で日本料理屋さん、
奈良で讃岐うどん屋さん
京都清水で京うどん屋さんを経て、
今年5月、伏見にお店をオープン!

日本料理のお店を立ち退きで閉めてから、
わずか2週間の修行でうどん屋さんに転向。
「なぜ うどんだったのですか?
うどんなら毎日でも食べてもらえるでしょ。
開店当初は、うどんづくりに何度も失敗。
『店を開けられない日もあった』と。
季節に合わせた、塩と水の加減がポイント!
その基本は 土三寒六常五杯 という言葉に表されます。

「京都清水から伏見への移転。伏見にした理由は?」
たまたま見つけたからですね。
この偶然の出会いに感謝です

「伏見にのれんを掲げた今、伏見はどんなまちに見えますか?」
― 一乗寺に次ぐ『ラーメンのまち、うどんのまち、麺のまち』

京都に出てくるのをきっかけに 京うどん を始められたとのこと。
京うどんは、小さい器に美しく盛るもの。
ならば!

『うちでは、大きな器に美しく盛りつけよう』
これが、纏スタイルの京うどん!

image

あちこちにご主人の こだわり が見えてくる中で、聞いてみました。
「一番こだわっていることは何ですか?」
きもちよく帰ってもらうこと。

笑顔で帰っていただけるように、『お腹も心も満たしたい』。
いや~、完全に お腹も心も わしづかみにされました。
伏見の町の目印的な存在のお店になれば...という思いの込められた
京うど
ん 纏

帰り際、送り出してくださる ご主人の笑顔 は、
伏見の目印になりつつあるような気がします。

ところで、伏見 ラーメンvsうどん スタンプラリー
1500
枚のスタンプカードが、お客さんの手に渡っていて、
予想以上の大反響!
8
1日のスタートから わずか4日で、10軒制覇した人、
すでに4枚目に突入した人もいるようです。

『自転車でどの店へも行けてしまうというのがいいですよね』
と ご主人。
ほんとですね!伏見にいる人、地元民に もってこいの企画!
最後にひとつ聞きました。
「まだ、1スタンプなのですが、制覇できますかね?」
― いけますよ!3日に1軒ペースですね~。
おぉ...ビンボー学生にはハードな壁の予感。
でも!必ずや制覇して見せます!!!!!!!

ご主人!美味しいおうどんとお話、ごちそうさまでした!

伏見であそぶとこ みぃつけた!

(2014/09/01)*「伏見 ラーメンvsうどん スタンプラリー」詳細情報→https://www.facebook.com/fusimi.ramenvsudon
 (参加店)ラーメン荘 地球規模で考えろ
      つけ麺 きらり
      頑固麺
      ラー麺 陽はまた昇る
      山勝麺三
      手打ちうどん 福来たる
      本格手打ちうどん 大河
      手打ちうどん けんどん屋
      手打ちうどん 天ぷら 浅右衛門
      京うどん 纏

*「京うどん 纏」お店情報
 →http://www.matoi-udon.com

(住所)   〒612-0044 京都府京都市伏見区深草北新町627
(最寄り駅) 京阪本線墨染駅徒歩2分、JR奈良線藤森駅徒歩6
(電話番号) 075-641-8003
(営業時間) 10301600
(定休日)  木曜日
「新たな麺との出会いを求めて...」
ということで、10軒制覇に挑戦することにしました!!!!

*写真*

image

村田遼平
京都教育大学大学院2回生

*筆者*

image

むう
京都教育大学家庭領域専攻4回生
伏見のお酒で乾杯すること、それが私の伏見に対する愛情表現♡